丁寧でリーズナブルに引き受ける!対応の良いデータ復旧業者を選ぶ

親身になって対応

パソコンを操作する人

大量のデータを保管するために、外付けハードディスクを扱っている企業は多数存在します。日々作成する資料や日報に画像データといったものが蓄積されるので、ハードディスクがなければスムーズにパソコン操作ができなくなってしまいます。しかし、パソコン本体に保管しきれないデータを入れるためのハードディスクも扱いを間違えれば破損してしまいます。破損すると、場合によっては内部に保存していたデータが損傷してしまいます。データが見れなくなると、業務に支障をきたしてしまうのは確かで、何かしらの不利益が起きる前にすぐに何とかした方がいいでしょう。別のパソコンにバックアップで破損する前のデータがまだ残っていたら話は別ですが、それすら無いとなると、外部業者にデータ復旧の依頼をするのが最適です。専門のデータ復旧業者なら、破損してしまったデータであっても、元通りに戻してくれるので、業務に支障をきたしません。

データ復旧業者を利用する際の費用は、約40,000円で完全成果報酬となっています。データ復旧が成功した時点で支払い義務が発生するシステムとなっています。そのため、仮に業者スタッフがデータ復旧を失敗してしまったら、費用は支払わずに済みます。それに、依頼しても途中でキャンセルしたいという申し出があったとしても業者は柔軟な対処をしてくれます。キャンセル料が発生しないのです。無駄に費用がかかることがありません。丁寧な復旧作業をリーズナブルな価格で引き受けてくれる業者を探しだして依頼しましょう。

昔の映像も受付可能

ディスク

懐かしい起業当初の映像がVHSと言った機器に残っていたら、DVDにダビングしませんか。ダビングを専門的に受け付ける業者も数多くいるので料金帯をチェックしてから利用するのがおすすめです。

もっと見る

ヒューマンエラーが起こったら

2人の男性作業者

オフィス内に1つデータ復元ソフトを置いておきませんか。うっかり削除や不要と判断して消してしまったメールや資料データを簡単に復活させられます。料金帯もリーズナブルなので、経費に負担がかかりません。

もっと見る

ビジネスの遅延を予防

ファイル

特定の社員に、自身が作成した資料を共有したいなら、専用のファイル送信システムを利用しましょう。誤送信で関係ない人に送ってしまったとしても、送信システム取扱業者が未然に暗証番号をかけてくれるので見られる心配がありません。

もっと見る