丁寧でリーズナブルに引き受ける!対応の良いデータ復旧業者を選ぶ

ビジネスの遅延を予防

ファイル

社内で作成した企業データを幹部社員や同僚に共有をかける際には、メールを利用する人も多いでしょう。メールなら、一定の容量なら簡単に送信して共有することが可能です。しかし、メールでのデータ共有は簡単に相手とデータ共有できるメリットがある反面、恐ろしいリスクも持ち合わせています。どのようなものかというと、うっかり送り先相手を間違えてしまうことです。それによって、データ漏洩のリスクが高まってしまい、会社の利益を著しく低下させてしまう要因にもなってしまいます。もしくは、単純に共有する予定のデータの容量が大きすぎて送信できないというものです。データが送れないとなると、ビジネス活動に遅延が生じてしまうことが考えられます。データ漏洩リスクとビジネスの遅延を防ぐためには、専用のファイル送信システムを活用しましょう。ファイル送信システムなら、情報漏洩を防ぐだけでなく、どんな容量のデータもスムーズに送信可能となります。

データ送信システムは、共有データをうっかり別の人間に送ったとしても、すぐに閲覧できないように対処してくれます。送ったファイルが送り先とは別の場所に行ってしまったとしても、すぐに場所を特定して、ロックをかけてくれます。専門業者がリアルタイムで、ファイルの現在地をチェックしているので、ご送信した場合には、すぐに暗証番号をかけて簡単に開けなくしてくれるのです。企業内のデータも漏洩するリスクもなくなるのは確かなので安心して活用できるのは間違いありません。